こぼれ話

2019年3月15日

  前回の投稿の後、雨風が酷くてだいぶ梅の花が散ってしまいました。その直前に撮れた写真です。中央の下の方、やや右に緑色の固まりがご覧になれますでしょうか?・・・梅に『ウグイス』がやって来たのです。メジロは良く来ますが、ウグイスは数が減っているせいか、なかなか姿を見せないので、望遠ですが何とか捉えることが出来ました! 良い春が訪れますように!!

 

  先週、急いで申し込んだアメリカの秋のスクール、まだ返事が届きません。この週末にでも届くと良いな。こういうときは、本当に距離を感じますね。アメリカは遠いんだ・・・って。夏の研修会の申し込みや募集要項も届きません。こちらは早くに飛行機やホテル・レンタカーの確保をしたいのですが、日程などが確実にならないと、なかなか動きが取れません。 

  その遠いアメリカから、先日不良品で送り返したカッターの交換品が送られてきました。やれやれです。何とか、無事に通関税や消費税、物品代は支払わなくてすみました。でも、こういう面倒な交渉ごとは好きではないので、是非!!今後はきちんとしたものを送って下さいますようにと願います。

 

  私のラグは少しずつ進んでいますが、まだ余白が沢山あります。生徒さんのラグが出来上がって来るたびに、頑張ろう!!と背中を押されています。こんなにギリギリに仕上げるのも私どうしたのかしら?一年半なにしていたのかしら?とよくよく考えてみたら、もう一つ完成品がありました。息子夫婦に頼まれて作ったラグがカウントされていなかったのです。急いで、「貸して!」と頼んで、もう一作品展示することが出来るようになりました。それにしても、そんなにゆっくりしていた訳でもないのに・・・と考えたら、そうでした!昨夏は余りの暑さに、いま頑張って取り組んでいるラグが大き過ぎたので(大きいと膝掛けになってしまって、もっと暑いのです)研修会でやり始めた小さいラグを夏の間中、刺していたのでした。後は空だけ刺せば良い状態なのですが、未完成のままです。今のラグが仕上がったら、またやるかもしれません。かも・・・というのは、他にもやりたいパターンがあって、心が揺らいでいます。でも、先ずは今のラグを仕上げましょう!!

 

  教室にはたくさんのラグが集まって来ています。展示は全部で70点くらいですから、まだまだ必要です。お稽古でも、急ピッチで取り組んでいらっしゃる方も何人かいらっしゃるし、今後も続々と集まることでしょう。取り敢えずの作品を作り終えた方々は、販売品の制作を頑張って下さっています。「私はお役に立たないから・・・」と遠慮されている方もいらっしゃいますが、良いんですよ。ここはラグのお教室ですからね♪ 出来る人がサポートするという体制で、皆んなで楽しい展覧会を作りたいと思っています。

 

  早々と、教室展の打ち上げの話も出ています。それもまた、別の楽しみですね。さ、今週末もラグの制作に頑張ります!

 

 

_________________________________________________________

 

 

 

2019年3月8日

  

  世の中の梅はそろそろ終わりそうな雰囲気ですが、うちの遅咲きの梅はちょうど盛りです。紅梅は枝数が少ないのでちょっと寂しげです。それでも、可愛い花をつけて春近しを告げています。白梅の方は、だいぶ植木屋さんに手入れされましたけれど、元気に花をつけています。どのくらい実になるか、楽しみなところですね。時々、ヒヨドリにせっかくの花を啄ばまれてはいますが・・・。

 

  写真を撮りに庭に出たら、快晴の割には風が冷たくて桜などの花芽はぎゅっと固く閉じていました。水仙が少し咲いていますが、勢いの良いのはクリスマスローズですね。手入れが悪いので、だんだん花数が減ってきていますが、真夏の暑さも影響しているのでは、と自分だけのせいではないと思いたいところです。

 

  お稽古では、ラストスパートに徹している方々からは熱気が伝わってきます。「間に合うかな?!」「大丈夫かな?!」「始末の仕方、忘れちゃいました・・・」など、色々な声も聞かれます。もちろん、私もお尻に火がボウボウ点いているので頑張っていますが、それこそ「大丈夫?私、間に合うのかしら?!」という状態です。でも、頑張ります!!

 

教室では別の熱気も感じられます。販売品をせっせと作ってくれている方々の熱気です。ご自宅でフック・ドールを作ってきて下さったり、特製アクセサリーを作ってきて下さったりという方々もいらっしゃいます。とても素敵なものがどんどん出来上がっていますので、皆さまどうぞご期待くださいね。

 

教室展のご案内状も刷り上がってきました。案内状ご希望の方はお知らせくださいね。作品も少しずつ持ち寄られています。ラベルを付けて飾り付けを待っています。その飾り付けは、もちろん私の宿題ですが、4月に入ってからの仕事になりそうです。

 

今度の会場は新しいところなので、生徒さんも迷うかもしれない・・・と思っていますが、地図が案内状に載っていますので、じっくりご覧になっていらして下さいね。

楽しみ、楽しみ!!

 

 

  先日、アメリカのNJのラグ・キャンプの開催者から連絡が来ました。9月のキャンプですが、思った以上に応募の出足が悪い。こんなことは今年初めて、ということで、3週間のキャンプを2週間にまとめるので3週目をキャンセルすることとしたそうです。私が教えるのは3週目だったので、今年の指導はなくなりました。その9月、一週間フリーになったので染めの講習会でもしようかしら?とも思いましたが、ちょうど別のスクールから案内が来たので(ちょっと週がずれているので、お稽古の週をずらす必要がありますが)参加の検討を始めました。所属のギルドメンバーなら参加出来る、大先生たちがこぞって一週間教えて下さるという願ってもない恵まれたキャンプです。これは逃す手はない!と前向きに考えていました。

 

  ところが、なんせ方向大音痴の私のこと、主人が心配して「1人だけで運転して現地に行くのは止めなさい」確かに、年齢的にも一昔前のような器用さはなくなっているし、ナビと道路を1人で見ながらの運転は危ないと思い、納得しました。そこで、あちらの開催者に、どなたか空港まで送り迎えを頼めないか、など打開策を相談していたのですが、なかなか上手くいきませんでした。そこで、研修会に一緒に参加している方に「行きませんか?」と持ちかけたところ、「行きたいです!前向きに検討します。」という嬉しい答えがいただけました。あちらの方々にも、「2人で行かれることになったので、空港でレンタカーして自力で行きます!」と報告しました。 私は、今日急いで申込書と申込金を郵送しました。早いもの順にクラスが埋まっていくので、遠い私たちには不利なのですが、どのみち第一希望の先生は即日満席になるとのことなので、アメリカに住んでいても難しいのなら、と諦めています。それでも、どの先生も素晴らしい力量がおありなので、秋のことですが、今からとっても楽しみです。

 

  そして、今日はお天気が良かったので?自分のポートレートを撮ってもらいに写真屋さんに出向きました。先日のラグ・フッキングのマガジンから顔写真を載せるので送って欲しいと言われていたのです。15日が締め切りなので、ちゃんと間に合いました。一つずつ、一つずつ。でも、ラグは急がないと!!

 

______________________________________________________

 

 

 

 

2019年3月1日

  なかなかお天気の安定しない3月を迎えました。春は、こういう不安定な天気が続くようですね。体調には気を付けたいものです。

 

  さて、先週は何だか慌ただしい一週間でした。先ずは楽しかった行事で孫たちの合同お誕生日会(3歳が2人)で、1人の希望は「餃子」、もう1人の希望は「お魚」。これをクリアーすべく、先ずは餃子を200余個。フードプロセッサーが大活躍してくれました。(何度も使っているうちに相当野菜くずがつきましたけど・・・)お魚は、蕪のぶつ切りと一緒にソテーした後、中華風あんかけを掛けました。大人用には、エビチリを4パック、空芯菜を3株、アボカド3個入りの中華サラダを山盛り、そしてグリーンピースの豆ご飯。これが殆ど残らなかったのですから、来年はもっと作る量を増やそうと思いました。たくさん食べてくれるのは嬉しいことですからね。

 

  そして、今度は頭を悩ませたのが、パソコン。突然、メールが受信出来なくなってしまいました。発信は出来たのですが、不便極まりない!息子にも見てもらいましたが、直らず仕舞い。サーバーの会社やパソコンの会社に電話で対応してもらいましたが、原因不明で解決策がなく、あげくには「新しい機器に変えた方が得策かと・・・」言われ、確かに私のパソコンは古いから、新しいバージョンにあげる必要があるかも?!なんて思ったりしました。どうしようもなかったら、新しいパソコンを購入しよう!と決めました。翌日になって、サーバーの会社に言われた操作の後、送信も出来なくなってしまい、頭を抱えました。翌々日、駄目元で、もう一度その会社に電話指導をお願いしたところ(もちろん、別の方が対応)、更なる操作が必要だったことが判明。その方の言うとおりに操作を進めたところ・・・、直りました!!受信も送信も出来るではありませんか!!なあんだ、指導ミス?ですよね。すっきり直ったのは、パソコンのみでしたが・・・。

 

  というのは、この間に携帯電話のメール受信も出来なくなっていたのです。仕方がないので、契約をしたお店に出向き、状態を説明していたら「メールの更新しました?」と聞かれ????。そういえば、2、3日前に『メールの形態が変わりました。今までより見やすくなりました。どういう形が良いですか?』みたいな連絡が来たので、”標準”設定を選んでおいたのです。今までは、メール画面を開けると自然に新しいメールを受信・表示してくれていたのですが、今度からは、その”更新”とやらをしないと新しいメールを表示しなくなっていました。。。。“勝手に変えないで!!”と思うのは私のみでしょうか・・。という訳で、その更新作業を毎回やっています。何と不便なことでしょう。でも、受信メールは見られるようになったので、万々歳です。

 

  そして、ハタ!と気づいたのが、受信設定のやり直し操作をする為に事前にそれまでのメールに重すぎるものが来ていたのかもしれないと言われ、メールを消去したのです。あ!!大事な書類が添付されていたメールを消してしまった!! 幸い、山の家用のノートパソコンに残っていたことが分かり、そのメールを救い出すことが出来ました。また何かあったら困るので、急いでその書類に書き込み、相手先に送信しました。まったく、何が起こるか、分かりませんね。私には時に文明の利器は、利器なんだか、不利器なんだか、です。

 

  さて、スタジオでは教室展用の準備がどんどん進んでいます。最近教室に入られた方々が、先輩たちが作る販売作品に目を丸くして「わ〜、素敵!!」と感嘆の声を上げています。案内状も印刷が始まりました。ポスター案も決まりました。出品作品を皆さんに確認しています。生徒さんの1人が出品作品のキャプションを全部作って下さるということで、私は事前のリスト作り。デザイナーさんを記録に書き留めていなかったりのミスもあり、少々手こずっています。主人の額作りも佳境に入りました。スタジオでは出来上がった額入りの作品がたくさん出番を待っています。展覧会にはそれらも含めて全部で70点程並ぶ予定です。楽しみ、楽しみ♪ 

 

    でも、その前に、私はせっせと作品作りに励みます。頑張ります!!

 

 

_________________________________________________________

 

 

2019年2月22日

  寒さが遠のいた昨日・今日です。今夜から雨が降り明日・明後日と冬が戻って来るそうですが、この春は平年より暖かい日が続きそうだとか。庭に出てみると、確かに花芽や木の芽がいつの間にか準備をし始めていました。2月は短いですね。我が家の遅咲きの梅の木も少しずつ白い花を開いています。

 

  さて、先週問題のあったカッターです。すっかり外してセットし直して・・・、カットしてみましたが・・・駄目。仕方がないので、販売社にその旨伝えました。すると、使い方や調節の仕方の書かれているホームページを知らせてきました。「これを見てみて下さい」 私は「もうこの器械を使って30年近くなるし、何度も主人に直してもらったこともあるし、扱い方も調節の仕方も充分知っています。でも、今回のトラブルはそういう類いのものではありません」と言って画像を添付してみました。すると、「申し訳ない。送り返していただけますか?送料はこちらで負担します。」と言ってきたので、送り返すことにしました。

 

  その間に、頼んでいた染料が別便で届きました。生徒さんに頼まれている染めをする材料でしたが、間違ったものが届きました! え〜っ!!やだ〜!! しかも、請求は一つ分多くされていて、カードで支払ってあります。やれやれ、と思いましたが、ここで諦めずに、また画像を送り、オーダーした時の内容の載っているメールをコピーして「間違って届いたし、請求も一つ分多いんですけど・・」と伝えました。「本当に申し訳ない!、正しいものを直ぐ送るから。一つ分の金額は送り返されるカッターからひくから」 ???? こうなると、手に負えません。私はカッターは必要だし、送り返すのは直すか新しくするかで、もう一度私宛に送って欲しいのです。とにかく、その旨伝えて、間違って届いた染料と、使えないカッターを同梱して今日午前中に送りました。

  しかし!!まだまだ課題はあるのです。そう、税金です。細かく言えば、関税・消費税や地方税が掛かっているのです。それと、送り返した送料。あちらから送って来る分の送料のみでは解決しないので、一応、その送料のコピーと(日本語ですが・・・)税金のコピー(これも日本語・・・日本はこういうところが遅れていますね)を、パッケージの中に入れて説明を付けておきました。さて、結果はどうなることやら、ですが、早速染料の正しいのを送った”らしい”メールが届きました。後は暫く様子見、でしょうか。毎度のトラブルに辟易としていますが、放っておく訳にもいかず・・・。やれやれですね。

 

  教室は、展覧会の色が濃くなってきましたよ。完成作品もどんどん披露されています。取り敢えず、展覧会作品を作り終えたという方々が、会場での販売品の制作に取り掛かり始めました。何だか、素敵なものが出来そうです。会場にいらっしゃる方々にもお楽しみいただけること、請け合いです! もちろん、作品作りもスパートしてきて、教室は真剣モードです(笑)。私も、寸暇を惜しんでせっせとフックしています。でも、なかなか広いバックグラウンド、「先生、ずいぶん埋まってきましたけど、まだまだありますね〜!!」と少し同情されています。でも、頑張りますね!!

 

  皆さまも、充実の楽しい週末をお過ごしください。 私は孫たちの合同お誕生日お祝いです。

 

________________________________________________________

 

 

 

2019年2月15日

  一足早いのですが・・・、雛道具を飾りました。これは、義母の実家から伝承されたもので、1900年初めの制作、いわゆる骨董的なものですが大体元のままの形で保存されていました。姉妹が何人かいたそうなので、今年は長女のものと思われるセットを飾ってみました。三棚で書棚・厨子棚・黒棚です。(梨子地ナシジ・・・という漆・蒔絵の工法で作られています)元?女子の方々にはお馴染みのものかとは思いますが、我が家は息子ばかりだったので、初めての経験です。小さいのですが、なかなか精巧に作られていて、昔の女の子はさぞかし、触って楽しんだでしょうね!と思います。

 

  そんな先駆けの春の話題でしたが、今日は寒い!! 午前中、健康診断で出かけていたのですが帰りに外へ出たら雪が降っていました! 電車の窓からは吹雪いているくらいの降りに見えましたが、我が家の方へ来たら、寒いは寒いのですが、一欠片も降っていませんでした。海沿いの方に降っただけだったんですね。来週からは、平均気温より高い日が続くとか。寒いのも困りますが、あまり急いで暖かくなると今年の夏の暑さが怖いです。普通に三寒四温になってくれないでしょうか・・。それでも、春の来るのが待ち遠しい、我が儘な私です。巷では、花粉の影響も出ていると聞きます。皆さま体調管理にはくれぐれも気をつけて下さいね。

 

  さて、先週の大量の染めたウールは、無事に生徒さんの手に渡りました。これからせっせとラグに変身させてくれそうです♪ その方たちを含め、「先生、間に合わないかもしれない〜!」とか、「ペースをあげて頑張ります!」とか、教室展に向かった作品作りが進んでいます。私も、少しペースをあげないと間に合いません。仕上げを気にして下さったお裁縫の得意な生徒さんが、私のラグの仕上げに使えるのでは?という生地をご持参くださいました。縫うのが苦手な私は、「ちょっと時間を下さい・・・。」確かに、その生地で仕上げた方が立派になることは間違いないのですが、もう少し考えます。ありがとう&すみません。

 

  スタジオに新しく届いたウールのカッターを設置してみました。さっそく使った生徒さんが「上手く切れません・・・」え〜っ!!今週末、もう一度設置し直して試してみます。アメリカの販売社にはその旨伝えてはありますが、はて、どうなることやら。無事に使える状態になることを祈っています。送り返すとか、とても厄介なんですもの。

 

  そういうバタバタ状態の中に、朗報が届きました。ラグ・フッキング・マガジンという雑誌のセレブレーション誌(秀作集)に、私の昨年の作品も選ばれました。有り難いことです。いまスタジオに飾ってありますが、春の教室展ではお披露目しようと思っています。この雑誌の発行は夏になるようです。また、あちらの展示会への出品を頼まれましたが、今年は早々とお断りしました。送付や返送は、なかなか面倒な手続きが必要なので毎年じゃなくていいかな、と思っています。それより、いま制作中のラグを、早く仕上げないと!! 

     皆さまも充実の週末をお過ごしください。

 

_____________________________________________________

 

 

 

2019年2月8日

  何だか、寒暖差が尋常でない乱高下を繰り返しています。春のような暖かい日の翌日は、雪とか最大級の寒気とか、最高気温が曽てない程低い寒い日がやって来ます。降雨のない乾いた毎日も困りものではありましたが、この寒暖差も体調を悪くしそうで、注意が必要ですね。かの国のトップの方は「地球の温暖化はこの寒さには必要だ」と、温暖化奨励とも思われる発言をして世界を驚かせています。驚くどころか、情けない・・・。知恵ある方々のリードと策を期待したいです。

 

  さて、先週末は染め・染め・染め・・・と連日忙しく染めました。幸い?主人が風邪を引いて寝ていないといけなかったので、静かに過ごしてもらえるように染めに勤しみました。

なかなか一度では染めきれず、結構時間のかかるやり方でしたが、予定通りに予定の量を終わらせることが出来て良かったです。

 

その前の週は自分のラグのバックグラウンドのウールを大量に染めたので、スタジオは何やらプンプン染めの匂いが漂っていました(笑)そして、その匂いの抜ける間もなく?、生徒さんからメールが・・・・。「先生!大変なことに気づきました。いま刺しているバックグラウンドのウールが全体を埋めるのには全然足りません!!」これは、特殊な染め方で仕上げたウールだったので、刺し始める前には「バックの色は足りるの?」と確認して、ご本人も「大丈夫で〜す」と安心していたのです。ところが、刺し出す前に予定より広い面積にパターンの大きさを変えたので、ウールが足りなくなってしまったのです。急遽、染めを実行するべく、その生徒さんに来てもらい、脇で他の皆さんがお稽古をしている間中、せっせと染めをしてもらいました。「自分を褒めたいと思いました!」とおっしゃった生徒さん、最初に染めた時(染めの講習会の時の練習染めに他の方の余った染料を加えました)の細かいレシピをしっかり記録してあったそうで、無事に染料の色も把握出来たし、サイズも確認出来たので、安心して染めて貰うことが出来ました。めでたし、めでたし!!

 

  そんな中、新しい方がお見えになりました。まだ小学生のママで、お若い方です。周りのババ談義に圧倒されないかしら?とは思いましたが、しっかり仲間入りされて楽しんで帰られました。お子さんの帰宅時間になってしまうので、刺し方までには至りませんでしたが、パターンを決め、色を選んで切って、次回からの準備は万端です。アメリカにいらして何枚かラグを刺した経験をお持ちなので、ちょっとテクニックの必要なパターンに挑戦です。こちらも楽しみですね。

 

  教室展のハガキなどを作る係を申し出て下さった生徒さんが、案内はがきのサンプルを持って来て下さいました。なかなか素敵に出来ています。事前にメールでやり取りをしていたのですが、実物を手にすると教室展の近づいたことを実感しますね。案内状ご希望の方は、このサイトの右上にあるメッセージ/contactのところからご連絡ください。発送の時になりましたら送らせていただきます。さ、私のラグも急がないと!!

 

 その私のラグ、先日日本にいらした友人がface bookのページでそのラグに感動したみたいな話を書いてくれました。その反響があって、「早く見たい」「直接見たい」「完成した全体像を載せて!」などコメントが寄せられています。まだ出来上がってはいないし、教室展で初お目見えの予定なので、いま暫くお待ちくださいとお断りしています。有り難いけれど、焦りますよね。教室の皆さんのラグもどんどん出来上がっています。今週は、当日会場でお分けする小作品などが話題に乗っていました。「私は時間があるから、作り始められるわ」という頼もしい声も聞かれました。さて、どんなものが出来上がるか、これも楽しみですね。

 

  これからの数日、本当に寒い日が続くようです。体調にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。暖かいお部屋でフッキングがぴったりの日々ですよ♪

 

________________________________________________________

 

 

 

2019年2月1日

  昼間の明るい内にこの画像をご覧になった方は、ごめんなさい。先日アメリカからの友人ご夫妻を東京タワーにご案内した時の黄昏の写真です。ちょうど、西の方角に低い雲がかかっていて、右奥にちょこっと高く見えるのが雲を冠った富士山なのですが・・・。でも、夕日が沈むこのタイミングで行かれたのはラッキーでした。友人達もとても喜んでくれて、シャッターを何度となく切っていました。タワーは混雑していて、人気の高さを痛感しました。

 

  その前には皇居の東御苑にも行きました。彼女は彼女で建物などの写真を撮り、説明に聞き入ったりしてくれたのですが、ご主人の方は、元々バードウオッチングに興味がある方なので、皇居の空やお堀にいる鳥たちに焦点を当ててどんどん歩いていってしまいます。仕方ないので、私たちも二手に分かれて、ご主人を追いかけてもらう人と、彼女に付き添う人で、文明の利器に頼って連絡しあいながらの散策でした。 

 

 浅草の浅草寺にも、ご多分に漏れず行きました。ここの人出はラッシュアワーかと思える程すごく、彼女のお土産探しも、迷子にならないか、スリに遭わないか、とヒヤヒヤしました。でも、無事にお土産も見つけたし、抹茶喫茶にも行って楽しめたし、なかなか良い観光でした。

 

 

 

 

 

 

  順序が戻りますが、これがタワーから外に出た時のライトアップされた様子。寒空に綺麗に映えていました。

 

 

 

 

これは浅草寺境内の脇にある観音像の前で、ご夫婦と一緒に撮ってもらいました。右の木の向こうにスカイツリーが写っています。今回は行かれませんでしたけれど。

 

 

 

 

  さて、教室は皆さん展覧会を目指して忙しく手を動かしました。小さめのラグに目処が立った方は、既に次回の展覧会を目指して、「大きなラグに挑戦したいです」と大きめのラグを選ばれました。さっそく色を決めたので、今週末は次回スタート出来るように、せめて花の色だけでも染めましょう。せめて、というのはもう1人の方のバックグラウンドの色も染める必要があるからです。このかたは、モチーフを殆ど刺し終わりそうなので、次回までには必須。それでも、量的には左程ではないので、何とかなると思います。中身の柄は綺麗な色が並んで、出来上がりが楽しみになって来ました。

 

  出来上がったラグをきちんと整えて持参された方もいました。これは、額装希望なので、主人の手に渡します。もう一つやりかけのラグも「何とか展覧会に間に合うように頑張ります!今更なんですけど、ラグが楽しくて楽しくて💕」とても嬉しいですね。来月は後半にしか来られない、とおっしゃる方は出来上がったラグの写真を送って下さいました。見事に出来上がっているので、直接拝見するのが楽しみです。

 

  受験生のママも、「大して進まなくて・・・」とおっしゃる割には、殆ど刺し終えていて、後もう少しでいよいよ仕上げです。仕上げの仕方も復習して、次回までには出来上がっているかな?!これからが受験のピークですから、きっと落ち着かない日々でしょう。無理しないでね♪ 「そんなパターン、あったの知らなかったわ。可愛いパターンね」と言われていた生徒さん。ご自分でモチーフを足したりして出来たパターンも可愛いけれど、使っている色も可愛いんですよ!時間のない中で確実に進めています。良いラグになりそうですね。

 

  人一倍大きなラグを刺している生徒さん、柄合わせに色合わせに四苦八苦されていますが、それでも少しずつ前進。今回の展覧会には間に合いませんが、次回にはお披露目出来ることでしょう。全部刺し終わったら見事ですね。

 

  

  そして私。 東京見物などをしていた割りには進みました。モチーフを全部刺し終えました。友人達がスタジオ見学にいらした時までには、モチーフの足は出来上がっていませんでしたが、何とかご披露出来る状態にはなっていました。「すごい!出来上がりが楽しみ!!」と言って下さったので、頑張り甲斐があります。 モチーフが終わったので、いよいよバックグラウンドの色を決定しました。ちょっと手間のかかる染めでしたが、無事に必要分のウールを全部染めました。これがそのウールの山 →。

 

  少しずつ、塩梅を見ながら刺し始めています。「わ〜、先生、バック、いっぱいありますね〜!!」と言われながら(笑)。

 

そんなこんなをしていたら、2月になってしまいました。明日は、先月末に誕生日だった私を祝ってくれると、息子たち家族がみんなで集ってくれるそうです。これも、楽しみ!!

             皆さまも、良い週末をお過ごしください。

 

 

________________________________________________________

 

 

2019年1月25日

  お正月(一月?)もそろそろ終わりですけれど、あまりの寒さにスタジオ玄関に飾ってある大王松や敬翁桜がまだしっかりしているので、そのまま飾ってあります。折角なら、明日スタジオにいらっしゃるアメリカ人教師の友人ご夫婦にお見せ出来たら・・・と欲が出て来ました。幸い?今日も明日も寒い一日となりそうです。大丈夫かな?! 雪が舞うところもあるとか天気予報が出ていますが、明日は彼女たちのアテンドでスタジオ見学の後は東京巡りをする予定なので、何とか降らずに保って欲しいところです。タイムスケジュールや電子乗車カードは、ご一緒の生徒さんがしっかり用意して下さっています。私は、暢気にお喋りとお食事にご一緒します。(右と言われれば右は、左と言われれば左へ・・・状態です)

 

  せめて、と今日はスタジオの片付けと掃除をしました。ウールの部屋の棚が何だか雑然としていて何故かと考えたら、ウールがぐちゃぐちゃになっていたせいでした。色別に入れてあるケースにお稽古の終わった後はウールがぐちゃぐちゃに戻されていて、何枚かは別の色のところに戻されていたりして、雑然感が増していたんですね。いつもなら気にせず、その中から掘り出して!と生徒さんたちに探してもらうところですが、ちょっと整理したら、分かりやすくて整然としていて、すっきりしました。毎回は無理ですが、時々片付けた方が良いということが分かりました。(今更!!)

 

  教室の隣の座敷はいつもは閉め切っていますが、明日はラグを広げてご覧になるかもしれない・・・と、その部屋も片付けました。座敷には、お正月の集まりに使った座布団が2−30枚積み重ねてあったのと、大きなテーブルが2つも出ていたのです。私のだらしないのがバレバレですね。それを全部納戸へ運び込み、ちょっとおしゃれに屏風を立てておきました。そんなことをしていたら午前中が終わってしまいました。

 

  私のラグは昨日までに片足が出来たので、今日もう一方の足を出来るだけ刺しておこうと思ったのですが、果たして、明日ご披露するまでに足が生えて着地しているかどうか・・・無理そうですね。

 

  お稽古では、中くらいのサイズのラグをピッチを上げて刺している方が、私たちの大きなラグをご覧になって「私のラグ、大きいかと思っていたけど、なんか、その大きなラグを見ているとそれほどでもないように思えて、何とか展覧会までに間に合うような気がして来ました。」と嬉しい発言!その調子、その調子!!ラグの仕上げは、わりと苦手な方が多いのですが、二作続けて仕上げて持っていらした方もいました。やはり、仕上げると立派になります。展覧会には、良いラグが並びますよ♪

 

  新しくお入りになった方々も、着々と手を進められていて、だんだん形になって来ました。「最年長」とおっしゃる方は、あっという間に3作目に入られて、たくさんのウールを切って行かれました。経験者の私たちも背中を押されています。新しい風は、とても良い刺激になりますね。

 

  アメリカの研修会での課題に取り組んでいらっしゃる方は、色違いのもう一つのラグを刺し始めました。また違った雰囲気で、見ていても楽しいものです。とても大きなお花のラグを刺している方は、あと少し、というところになりましたが、途中で気分を悪くされて暫く横になっていただきました。大丈夫かしら?と思っていたら、「無事に帰宅しました」と連絡が来てホッとしました。最年長の方が彼女をご一緒にご自宅へ送って下さいました。助かりました💕

 

  さ、明日は東京巡り、写真が撮れるようでしたら次回にアップいたします。最強の寒波到来とか、インフルエンザもピークとか、皆さまくれぐれもお身体お気を付けてお過ごしください。

 

 

_____________________________________________________

 

 

 

2019年1月18日

  お稽古は座るところもないくらいの大人数となりました。風邪やインフルエンザが流行っているようで、そのせいでお休みされる方もありましたが、集まった方達は元気に(ちょっと咳をしている方もいましたが)賑やかに楽しみました。新しい方もお見えになりました。見学のつもりだったけど、「入ります!」 受験生のママも久々にお顔を見せてくれました。

 

  今回いらした新しい方とは不思議なご縁がありました。 NYに住んでいらしたことがあるとおっしゃったので、時期をうかがったら、私と重なっていた時期がありました。しかも、同じ町でした! そして、その方は「やりかけのラグを仕上げたいので」と参加されたのですが、そのラグはNY時代のご友人が刺しかけていたもので、その方が帰国となり、もう刺さないからとそれを譲り受けて続きを刺し始めたら、ご自身が帰国となって保管していたものです。それから20数年。一度も箱を開けたことがなかったそうですが、頭の隅に『やりかけのラグ』として残っていたようです。我が家に箱ごと持っていらして、ラグを広げてみたら、そこに名刺が付いていました。その名刺、なんと!私が習った先生の名刺でした!! ご友人は私と同じ先生についていらしたんですね。あちらではお目にかかったことがないと思われますが、何だか不思議なご縁を感じました。そして、その新しい生徒さんは「これは自分で家でコツコツ埋めて行きますので、きちんと初めから新しい小さいラグをご指導ください」とおっしゃって、新しいラグをスタートされました。これからも、どうぞ楽しんでいらして下さいね。

 

  さて、このところ何だか空いた時間に忙しいのは、来週末に来るアメリカ人の友人ご夫婦の接待の件です。日本は初めて、というご夫婦ですが、奥様は私たちの所属している協会の教師仲間です。なので、研修会で顔見知りになった2人の生徒さんと一緒に、東京をご案内しようとプランを練っているのです。一週間の滞在のうち、東京には2日のみ。しかも最終日はご主人の趣味であるバード・ウオッチングを一日楽しみたいということで、東京観光に費やせるのは一日だけなのです。効率よく、しかも日本らしいところへ行き、日本らしいものを食べて・・・と思うと、なかなか決まりません。結局あれやこれやを精査して、何とか上手に計画が立ちました。本人たちに伝えたら「嬉しい!楽しみ!!」と返事が来ました。でも、「中でも一番の楽しみは、あなた達に会って、あなたのスタジオに行って作品を見せてもらうこと!」だそうで、ちょっと拍子抜けの感があります(笑)。でも、楽しんでいただけるように、”おもてなし”しましょう。

 

  具合を悪くしているアメリカの友人から、近況が届きました。「まだまだ試練の道半ばにあるけれど、ゆ〜っくりと回復へ向かっている、春までに立ち直れると良いと思っている」と前向きな姿勢を見せてくれています。頑張れ!!

 

  私のラグは少しずつ前進。まだ全部の形を刺し終えていませんが、だいぶ目処が立って来ました。来週末に来日する友人にバックグラウンド以外をお見せ出来るかどうか、というところですね。さ、明日も頑張りましょう!

     皆さまも、良い週末をお過ごしください。インフルエンザに、くれぐれもご注意くださいね♥️

 

_________________________________________________________

 

 

  

2019年1月11日

  お正月気分も抜けて、通常の生活がスタートしました。お稽古も順調に始まりました。年明けの皆さんは「今年は!」と意気込んでリフレッシュした笑顔を見せてくれました。

 

  年越しのラグは、とっても進んでいる方もいれば、私と同様、全く進んでいない人もいました。それでも、「今日から頑張ります!」と皆さん集中して取り組んでいらっしゃいました。

今までのラグが大き過ぎて、どうやっても教室展に間に合わない!!という方に、新しくお好きそうな柄を幾つか提示して、一つ選んでいただきました。それを、適当な大きさのパターンにして(この作業もご本人に手伝っていただいて、流れを理解してもらいました)、色を選び、大きいラグには休んでもらって、この小さいラグをスタートしました。ご本人も「これなら出来そう」と安心して下さったので、こちらもホッとしました。気に入って下さると良いなと思っています。

  刺すのが速い方も「年末年始は時間がなかったので・・・」と言いつつも、教室にいらしてからはさっさとモチーフを1種類仕上げて、「次回までになんとか・・・」と頼もしい言葉を残して帰られました。

 

  秋からフッキングを始められた方は、もう二作目も終わりが見えて来て、仕上げの相談。一作目はクッションに仕上げられた画像を見せてくれました。そこで、三作目のパターン選び。ちょっと大きいかしら?とおっしゃりながらも、ご自身のお玄関に置きたいというある程度の大きさのパターンを選ばれました。花の色はその場で決定。葉っぱなどの色は次回までに、私ではないO

先生が「染めて持って来ます!」と約束していました。楽しみですね。

 

  初心者の方の選んだその大きなラグに、他の大きなラグを刺している方達は「私たちも頑張ろう!という気になりますね♪」と後押しされました。その1人は、もちろん私!!(笑)だいぶ形が出来て来たので、私も楽しみになって来ました。

 

  朝のメールでびっくりしたのは、今年の夏のアメリカでの教師研修会の宿泊と研修会場が3夏の間は変更になる、というものでした。係の方たちが下見に行ったり、今までお世話になっていた大学の担当の方達などが探してくれたおかげで、今までの会場からそう遠くないところに、宿泊施設と研修施設を見つけてくれたそうです。何と言っても、人数がたくさんですし、うるさい口も幾つもありますから(笑)、係の方たちは大変だったと思いますが、良さそうなところを見つけてくれて感謝です。会場の周りに何があるか、これからいろいろ検索しますが、楽しみが増えました!!食事がおいしいことを願っています。

 

  そして、大事なこと!教室の方たちにお伝えしていた教室展の会期が間違っていました!!案内状を用意して下さっている生徒さんの問いかけに、契約書を広げてみて気が付きました!! なんとも・・・。 皆さんに告知すべく、教室のドアに貼り紙をしました!! 『スケジュールを訂正してください。』 印刷・発送前に気が付いて良かったですけど。

 

  明日か明後日は東京にも雪が降るとか、降らないで済みそうだとか、天気予報が出ています。あまりにもカラカラな陽気なので、本当はここらで一雨欲しいものです。さて、皆さまも、良い連休をお過ごしください。

 

 

追伸;2018年のブログはアーカイブに移しましたので、そちらをご覧下さい。

 

________________________________________________________

 

 

2019年1月4日

   明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

どんな年明けをお迎えでしょうか?新しい年に期待すること、やってみたいこと、いろいろおありでしょう。皆さまが健やかに楽しい年を過ごされることを心よりお祈りいたします。

 

  年明けに、話題になっていた「一切なりゆき」という亡くなられた樹木希林さんの言葉を収録した本を読む機会がありました。心に残る言葉が幾つもありました。

『求めすぎない。欲なんて切りなくあるんですから』

『人生なんて自分の思い描いたとおりにならなくて当たり前』

『自分がやったことに最後まで責任を持て』

『とるに足らないように思える人生も、おもしろがってみると、そこに幸せが見つけられる』

『相手のマイナす部分がかならず自分の中にもあるんですよ』等など・・・。とてもここに載せきれない程ありました。

今年は、自分の出来る範囲で精一杯、でも、責任を持って楽しいことを前向きに進めて行きたいと思います。

 

先ずは楽しんだお正月の片鱗を。今年の新年会の参加は去年より少ない26名でしたが、賑やかに楽しく集いました。

 

 

 今年は(も?)忙しくなりそうです。春に教室展を開催します。目下、そこに向けて作品を皆さんと制作中です。ご披露出来る作品を!と頑張ります。初夏には、教室の有志希望者で、カナダのラグツアー第2弾に出かけます。前回2015年に行った所も少しありますが、今回は足(バス?)をう〜んと伸ばして、新たなミュージアムや島にも渡ります。

 そして、夏には恒例のマクガウン教師研修会に教師資格取得に挑んでいる生徒さんと、資格を保持したい生徒さんと一緒に参加します。今年も珍道中、請け合いです(笑)。

 秋には、3回目となるラグ・キャンプでの指導の為、一週間、アメリカのニュージャージーに出かけます。指導の準備は春の終わり頃から始まります。1人ずつ、別々のパターンを指導するので、準備には時間がかかるのですが、今年は夏の研修会に課題がないので、これに取り掛かる時間はたっぷりありそうです。(参加者が何人かにもよりますけど)

 

 個人的な用事はあげたらきりがありませんが、これらの大きなイベントを、先ずはしっかりこなしたいと思います。教室には年明けのお稽古の始まる来週に新しい方々もいらっしゃる予定なので、楽しみが増えますね。さ、楽しい初めの一歩を踏み出しましょう!!

 

_______________________________________________________

 

 


 

気持ちよくフッキングを楽しむために・・・
当ホームページの写真、文章の著作権は管理者にあります。
コピー、転載を希望される方は、管理者まで事前にメールしてください。