こぼれ話

2019年1月18日

  お稽古は座るところもないくらいの大人数となりました。風邪やインフルエンザが流行っているようで、そのせいでお休みされる方もありましたが、集まった方達は元気に(ちょっと咳をしている方もいましたが)賑やかに楽しみました。新しい方もお見えになりました。見学のつもりだったけど、「入ります!」 受験生のママも久々にお顔を見せてくれました。

 

  今回いらした新しい方とは不思議なご縁がありました。 NYに住んでいらしたことがあるとおっしゃったので、時期をうかがったら、私と重なっていた時期がありました。しかも、同じ町でした! そして、その方は「やりかけのラグを仕上げたいので」と参加されたのですが、そのラグはNY時代のご友人が刺しかけていたもので、その方が帰国となり、もう刺さないからとそれを譲り受けて続きを刺し始めたら、ご自身が帰国となって保管していたものです。それから20数年。一度も箱を開けたことがなかったそうですが、頭の隅に『やりかけのラグ』として残っていたようです。我が家に箱ごと持っていらして、ラグを広げてみたら、そこに名刺が付いていました。その名刺、なんと!私が習った先生の名刺でした!! ご友人は私と同じ先生についていらしたんですね。あちらではお目にかかったことがないと思われますが、何だか不思議なご縁を感じました。そして、その新しい生徒さんは「これは自分で家でコツコツ埋めて行きますので、きちんと初めから新しい小さいラグをご指導ください」とおっしゃって、新しいラグをスタートされました。これからも、どうぞ楽しんでいらして下さいね。

 

  さて、このところ何だか空いた時間に忙しいのは、来週末に来るアメリカ人の友人ご夫婦の接待の件です。日本は初めて、というご夫婦ですが、奥様は私たちの所属している協会の教師仲間です。なので、研修会で顔見知りになった2人の生徒さんと一緒に、東京をご案内しようとプランを練っているのです。一週間の滞在のうち、東京には2日のみ。しかも最終日はご主人の趣味であるバード・ウオッチングを一日楽しみたいということで、東京観光に費やせるのは一日だけなのです。効率よく、しかも日本らしいところへ行き、日本らしいものを食べて・・・と思うと、なかなか決まりません。結局あれやこれやを精査して、何とか上手に計画が立ちました。本人たちに伝えたら「嬉しい!楽しみ!!」と返事が来ました。でも、「中でも一番の楽しみは、あなた達に会って、あなたのスタジオに行って作品を見せてもらうこと!」だそうで、ちょっと拍子抜けの感があります(笑)。でも、楽しんでいただけるように、”おもてなし”しましょう。

 

  具合を悪くしているアメリカの友人から、近況が届きました。「まだまだ試練の道半ばにあるけれど、ゆ〜っくりと回復へ向かっている、春までに立ち直れると良いと思っている」と前向きな姿勢を見せてくれています。頑張れ!!

 

  私のラグは少しずつ前進。まだ全部の形を刺し終えていませんが、だいぶ目処が立って来ました。来週末に来日する友人にバックグラウンド以外をお見せ出来るかどうか、というところですね。さ、明日も頑張りましょう!

     皆さまも、良い週末をお過ごしください。インフルエンザに、くれぐれもご注意くださいね♥️

 

_________________________________________________________

 

 

  

2019年1月11日

  お正月気分も抜けて、通常の生活がスタートしました。お稽古も順調に始まりました。年明けの皆さんは「今年は!」と意気込んでリフレッシュした笑顔を見せてくれました。

 

  年越しのラグは、とっても進んでいる方もいれば、私と同様、全く進んでいない人もいました。それでも、「今日から頑張ります!」と皆さん集中して取り組んでいらっしゃいました。

今までのラグが大き過ぎて、どうやっても教室展に間に合わない!!という方に、新しくお好きそうな柄を幾つか提示して、一つ選んでいただきました。それを、適当な大きさのパターンにして(この作業もご本人に手伝っていただいて、流れを理解してもらいました)、色を選び、大きいラグには休んでもらって、この小さいラグをスタートしました。ご本人も「これなら出来そう」と安心して下さったので、こちらもホッとしました。気に入って下さると良いなと思っています。

  刺すのが速い方も「年末年始は時間がなかったので・・・」と言いつつも、教室にいらしてからはさっさとモチーフを1種類仕上げて、「次回までになんとか・・・」と頼もしい言葉を残して帰られました。

 

  秋からフッキングを始められた方は、もう二作目も終わりが見えて来て、仕上げの相談。一作目はクッションに仕上げられた画像を見せてくれました。そこで、三作目のパターン選び。ちょっと大きいかしら?とおっしゃりながらも、ご自身のお玄関に置きたいというある程度の大きさのパターンを選ばれました。花の色はその場で決定。葉っぱなどの色は次回までに、私ではないO

先生が「染めて持って来ます!」と約束していました。楽しみですね。

 

  初心者の方の選んだその大きなラグに、他の大きなラグを刺している方達は「私たちも頑張ろう!という気になりますね♪」と後押しされました。その1人は、もちろん私!!(笑)だいぶ形が出来て来たので、私も楽しみになって来ました。

 

  朝のメールでびっくりしたのは、今年の夏のアメリカでの教師研修会の宿泊と研修会場が3夏の間は変更になる、というものでした。係の方たちが下見に行ったり、今までお世話になっていた大学の担当の方達などが探してくれたおかげで、今までの会場からそう遠くないところに、宿泊施設と研修施設を見つけてくれたそうです。何と言っても、人数がたくさんですし、うるさい口も幾つもありますから(笑)、係の方たちは大変だったと思いますが、良さそうなところを見つけてくれて感謝です。会場の周りに何があるか、これからいろいろ検索しますが、楽しみが増えました!!食事がおいしいことを願っています。

 

  そして、大事なこと!教室の方たちにお伝えしていた教室展の会期が間違っていました!!案内状を用意して下さっている生徒さんの問いかけに、契約書を広げてみて気が付きました!! なんとも・・・。 皆さんに告知すべく、教室のドアに貼り紙をしました!! 『スケジュールを訂正してください。』 印刷・発送前に気が付いて良かったですけど。

 

  明日か明後日は東京にも雪が降るとか、降らないで済みそうだとか、天気予報が出ています。あまりにもカラカラな陽気なので、本当はここらで一雨欲しいものです。さて、皆さまも、良い連休をお過ごしください。

 

 

追伸;2018年のブログはアーカイブに移しましたので、そちらをご覧下さい。

 

________________________________________________________

 

 

2019年1月4日

   明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

どんな年明けをお迎えでしょうか?新しい年に期待すること、やってみたいこと、いろいろおありでしょう。皆さまが健やかに楽しい年を過ごされることを心よりお祈りいたします。

 

  年明けに、話題になっていた「一切なりゆき」という亡くなられた樹木希林さんの言葉を収録した本を読む機会がありました。心に残る言葉が幾つもありました。

『求めすぎない。欲なんて切りなくあるんですから』

『人生なんて自分の思い描いたとおりにならなくて当たり前』

『自分がやったことに最後まで責任を持て』

『とるに足らないように思える人生も、おもしろがってみると、そこに幸せが見つけられる』

『相手のマイナす部分がかならず自分の中にもあるんですよ』等など・・・。とてもここに載せきれない程ありました。

今年は、自分の出来る範囲で精一杯、でも、責任を持って楽しいことを前向きに進めて行きたいと思います。

 

先ずは楽しんだお正月の片鱗を。今年の新年会の参加は去年より少ない26名でしたが、賑やかに楽しく集いました。

 

 

 今年は(も?)忙しくなりそうです。春に教室展を開催します。目下、そこに向けて作品を皆さんと制作中です。ご披露出来る作品を!と頑張ります。初夏には、教室の有志希望者で、カナダのラグツアー第2弾に出かけます。前回2015年に行った所も少しありますが、今回は足(バス?)をう〜んと伸ばして、新たなミュージアムや島にも渡ります。

 そして、夏には恒例のマクガウン教師研修会に教師資格取得に挑んでいる生徒さんと、資格を保持したい生徒さんと一緒に参加します。今年も珍道中、請け合いです(笑)。

 秋には、3回目となるラグ・キャンプでの指導の為、一週間、アメリカのニュージャージーに出かけます。指導の準備は春の終わり頃から始まります。1人ずつ、別々のパターンを指導するので、準備には時間がかかるのですが、今年は夏の研修会に課題がないので、これに取り掛かる時間はたっぷりありそうです。(参加者が何人かにもよりますけど)

 

 個人的な用事はあげたらきりがありませんが、これらの大きなイベントを、先ずはしっかりこなしたいと思います。教室には年明けのお稽古の始まる来週に新しい方々もいらっしゃる予定なので、楽しみが増えますね。さ、楽しい初めの一歩を踏み出しましょう!!

 

_______________________________________________________

 

 


 

気持ちよくフッキングを楽しむために・・・
当ホームページの写真、文章の著作権は管理者にあります。
コピー、転載を希望される方は、管理者まで事前にメールしてください。